企業において、変革を行うときの大きな課題は、組織です。

日本企業には、「終身雇用」「年功序列」などの風習が、まだまだ残っており、さらに、

「仕事」=業務をこなす=「いわれたことを正確に行う」

が、価値として残っています。
その価値に関して、若い人などは、違和感を感じているのですが、
経営者を先頭に、この価値観を引きづる人、組織の要にいるために、変革に関して、遅延や停滞をつく出す原因になっていることが多いのです。

それは

「既得権に対する執着」

です。

例えば、よくある事例として、

営業マンが、得意先情報の共有を嫌う

これは、自分で努力して勝ち取った、有力な情報を、会社に共有することは、いつでも、自分が、外されても、打つ手がないと考えてしまったりするかです。

実は、なぜこんなことが起こるのか、それは

「会社内の信頼構築ができていない」

他によくある原因として、「営業」と「工場」の関係。「営業」と「管理部」の関係などがうまくいっていないことも一緒です。

管理部門のすべての人がそうとは思いませんが。

「なぜ、そんなに偉そうな態度ができるのか」

営業がよく感じることです。

管理することが、「偉い」ではなく、第三者の目で確認することで、客観的に評価や癒着などの防止になるから行うのであって、でも、管理部門の人も勘違いがあって偉そうにする人もいますし、管理される営業も、「なんで偉そうにされなきゃいけない」という不信感を持つ人もいるからです。

このすべての原因は、

1、コミュニケーション不足

2、管理部門のポジションの明確不足

が原因なのです。

日本の会社は、昭和時代に創業した会社がたくさんあり、その会社が、ここまで、いろいろな努力でやってきましたが、時代がどんどん加速していく中で、自分たちも、自分たちの価値を時代にあったものに変化させていく必要があり、そのためには、経営者の変革も必要ですが、社員の変革意識も絶対に変革をやり遂げるには必要なのです。

こういった何十年続いた会社の変革を行うときに一番大切なのは、そこに携わる者の力が、共有した大義の元に行うことができないと変革はなしとげられないと考えています。

では、そういった歴史のある会社の変革するために必要なサクセス要因はなにかというと

同じ目標に立ち向かう意思統一(ワンチーム)づくり

しかし、いままであったしがらみがかみ合っている状況で、ワンチーム作りは非常に大変です。

そのサポートをしていくのが、チームビルディングです。

会社の変革を遂げる方法の一つが、「業務改革」です。そして、それを実現してくれるのがIT化です。

経理の仕分けなどの手作業は、クラウド会計を使ったり、AIなどを使えば、経理部門に必要な人員は、CFO一人だけでよいのかもしれません。

つまり、痛みがどうしても伴うのです。

いままで、ポジションが変わることもあります。

そのぐらいのことをしていかないと変革ができないのです。

だからこそ、会社関係者が、一つになって、その目標に向かう姿勢が大事なのです。

その変革を成し遂げるチーム作り、それがチームビルディングです。

チームビルディングサポートプログラム

当社では、中小企業のIT導入をサポートするITコーディネーター、そして、コミュニケーション改善を得意とするプロフェッショナルコーチがおり、その変革を成し遂げるサポートを行っています。

しがらみは、感情のもつれやコミュニケーション不足による思い込みが積み重なったものであったりします。
そのしがらみ関係を当事者同士で解決するのは、なかなか大変な作業です。

こういった状況には、しがらみがない第三者が入って、パイプ役になるのと同時に、ニュートラルで物事を評価することが大事なのです。当社は、そういった観点からチームビルディングサポートプログラムを行ってまいります。

目的

チームビルディングの目的は、会社変革成功のために必要な社員の仕事に対する意識変革とワンチーム意識を育むことです。
会社全体で、痛みを共有し、今後の会社の繁栄のため、そして、会社員全員の自分で考えて、個人の事情を飛び越えて、目的に向かって動くその意思の疎通を高めていける組織づくりと社員教育が目的です。

プログラム概要

ヒアリング

・関係者に直接話を聴かせていただき、チームビルディングに向かうための情報収集をさせていただきます。

課題確認

集めた情報から、いろいろな角度から、チームビルディングを行うために課題を明確にします。

チームビルディング構築のためのミーティング

ここに関わる全員に、目的を達成するために必要な人材であることを明確にし、それぞれの目的に向かうためのポジションを確認していただき、その目標を達成するためのロードマップを共有します。

スタートアップ

ポジションを確認し、実際に行動を始めるための決起会を行います。モチベーションを高め、変革達成のための意思統一を図ります。

PDCA

変革は、簡単にできないのが常です。しかし、うまくいかないと行動を止めてしまったり、マンネリにならないように常にPDCAを行い、自身のモチベーション維持だけでなく、新鮮な環境にしていくことで、目標達成に向かう意識を高めてまいります。

画像をアップロード

ご相談はお気軽に

社員チームビルディングにご関心ある方は、お気軽にご連絡をお待ち申し上げます。