2019年時点で、中小企業の労働生産性が、大企業と比較してもかなり低いといわれています。
IT導入をしていても、管理系のIT系が多く、売り上げや利益に直結するIT化は遅れているといわれています。

デザインエッグスには、IT導入から利活用をサポートする経済産業省推進資格ITコーディネーターが在籍しています。

代表を務める鈴木は、23年昭和から始まる中小企業製造業に在籍しており、当時、なかなか進まなかったIT化のうち、WEBマーケティングの導入をいち早く会社に提案し、その後5年間1200件の新規獲得を達成しました。

その際の中小企業のIT化のプロセスや経営者、従業員の意識改革をやってきた実績があります。
もし、IT導入による業務改革、イノベーションにご関心ある方は、一度、セミナー参加やお問い合わせをいただければ幸いです。

経営変革コンサルティング

日本の中小企業に、今、大きな課題があります。それは、今までのやり方の見直しをしていくことです。 バブル崩壊から30年もたっているのに、日本の経済成長率は、伸びていないのが現実です。一方で、バブルの時に、危うかったアメリカ […]

Read more
IT導入支援

IT導入とはシステムを入れるだけではありません 中小企業や小規模事業者にITの導入に関して、敷居が高いとか、効果に疑問を感じられることもあるかと思いますが、逆にいうと、消費者が、このIT化への適応が早いので、それが当たり […]

Read more
社員チームビルディング

企業において、変革を行うときの大きな課題は、組織です。 日本企業には、「終身雇用」「年功序列」などの風習が、まだまだ残っており、さらに、 「仕事」=業務をこなす=「いわれたことを正確に行う」 が、価値として残っています。 […]

Read more