会社の未来、自分の未来を成功する2つの極意

激しい変化がもっとやってくる未来
楽しみである以上に日本人にとっては
いままで以上の不安と苦しみを感じる時代が
やってくるでしょう。

そんな時代に打ち勝つための2つの極意を考えました。

1、これが正解という信念をもつ

なにが正解かをだれもが自問自答して生きているそんな時代ではないでしょうか。
正解があり、それさえみつければって、でも、そうではなくて、今、行動していること考えていることが正解だって信じて、行動し、それを実現させるという信念がこれからは特に必要です。

今年、その前の年、うまくいかずに苦しみ、そこからはいだすのに資格をとり、そこからこうなると描いていました。

後半、それが、ほぼすべてにつながりました。

その結果はまだまだ満足いくものではありませんが、いままで不可能だとおもっていたことが、そうではなく、それができるという戦略で行動してきたことはここにきてわかることです。

商工会議所の講師をしたいと考えていましたが、まさか、それをもう体験した自分がいること、これはその信じて行動した結果なのだと信じています。

2、自分を導くスキルを身に着ける

フリーランスで仕事をすることは、誰か必ず
見てくれている人はいます。助けてくれる人も
必ず存在すると信じています。

しかし、その助けてくれる人たちが助けると
いう行動してくれる時は、自分自身が、努力
を、行動をしているのをみてくれているから
という条件があると思っています。

未来もわからない時代において、自分を律する自分をつくることは、絶対条件だと思っています。

不安を起こさない自分を作るにも、自分で心の整理、そして、元気と勇気を与える自分をつくることは必須でしょう。

他人の目は気にしなくて、自分だけを見つめられる自分でいることをつくることが必要だと思っています。