自分の専門性をしっかり伝える情報 起業ルーキーの顧客獲得法

起業ルーキーが顧客獲得法として、その専門家として情報発信をしていくためにのテクニックの一つとして、事例提案があります。

情報発信が、一番やっていけないのは主張です。

 

主張は売込みと変わりません。

それよりも想定顧客の

困りごとや願望を想定し、その解決法や
その時の心構えなどを伝えるほうが
相手に伝わってまいります。

そして、最後に少し感情を揺さぶるメッセージ
をつたえること、反応が高まっていく可能性が
高くなります。

たとえば、ここで一つ
新しく税理士として活動し、その方が、
新しい顧客を獲得したいとして、中小企業の社長を
想定したとき、
従業員が自分と同じような気持になってほしいと
願っている社長が多いと気づいたとします。

その場合の情報発信の方法として

一般論
多くの社長がトップダウンになりがち

それがわかっているでもいうこと聞かない

彼らが、どのようにしてそういう思考がもてるか

そんなときは、異業種交流会の代表として
いかせるとかして、その時の判断をかれにまかせるなどの
意思決定権を渡すことでその責任を感じさせ、
自分の会社のことを意識づける

その際の費用はすべて、費用処理する

そのための方法

 

みたいなアプローチをすると

興味ある方は連絡をいただける場合があります。

こんな感じです

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です