組織マネジメントで増加する社畜現象で衰退を始める会社

多くの会社で行われている組織マネジメント、最近、一部企業がそのことに気付き始めて、改革がはじまったとはいえ、多くの会社ではまだまだトップダウン式であったり、個人間競争をあおるようなそんなマネジメントが横行しています。

その結果、たくさんの社畜現象。

前職でも同じようなことが行われました。
その結果、経営者の顔色をうかがいながら業務にあたる女子社員。
訳がわからず、とりあえず動いていて見せてがんばってますよとアピールする若手社員。

こういう風な会社状況でおこることは、社員は、言われたことだけに行動してしまい、それ以上の能力を発揮することさえもしなくなったりします。
こうなると会社のポテンシャルは下がる一方。

とわかったからといって経営者がいきなり、方針を改めてもそれまで刷り込まれたことは、いきなり解決することもなく
会社として非常によくない状況になります。

こんなときこそ、まずはコミュニケーションから、そして、経営者が社員を信用し、自主性を重んじ、裁量をまかせるぐらいまでやってやっと社員が少しずつ変化してくるのだと思います。

これが、実は経営者のほうもできなかったりします。

もし、そんな状況である時は一度ご相談ください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です