情報発信で相手から反応をとる極意一

パーソナリティWEBマーケティングでお伝えしている一つの方法が、情報発信です。
たくさんの人が情報発信をしていますが、どれだけの方が、反応を獲得できているでしょうか?

PWM式情報発信極意の一つの方法は以下の通りです。

1、あることで体験することを企画する。その体験の意味とその結果で伝える内容をあらかじめ作っておく

情報発信は反応を獲得することです。ということはそのホームページで掲載しているビジネスに関する情報発信するのですから、最初からそのことを企画することが大事。

ポイントは、その情報発信で伝えたいことを明確にすること。そのことを伝えるための内容であることが大事。

例)たとえば、コーチングビジネスを展開しているのであれば、メンタルについてのチャレンジを企画する。ここで伝えたいことが、「あきらめたらおわり」を伝えたい場合に、たとえばハーフマラソンにチャレンジするとか。で結果としてハーフマラソンを通じて完走できた達成感でそのあきらめないことをつたえることを最初にわかってチャレンジする

2、実際に体験する、基本はチャレンジ的なもの。程度はすごいものでなくてもよい

上記を企画して実際に行動に映す。

例)ハーフマラソン、実は3㎞の距離でもよい、チャレンジすることが大事

3、その体験したことを人に伝えられるように記録できる状況をしておく(画像、映像、音声)

できれば、音声、画像、映像などをいれることで、そのチャレンジが本当だと読者をなっとくさせることができ、この人は本当にしている人だという信用をつくる

例)伴走者をだれかに依頼してその走りを記録してもらう。

4、実際は、想いっきり体験すること。

どのチャレンジにしろ、チャレンジは真剣にこうかいなく最善をつくす

5、レポートにまとめる。最初に思惑通りになったかどうかを確認する、なっていなくても大丈夫。
その時の感情も実際違うのであれば、それでOK

実際にしたチャレンジのデータをすべて確認して、情報発信のもとをつくる

6、それをあるテクニックを活用して情報発信すること。

その内容を相手に体感してもらえるようなあるテクニックを活用して情報発信をする

いかがでしょうか。ちょっと大変なように見えますが、読者へのインパクトはかなり強いものになり、その読者からの反応はかなり高いものになると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です