あり方をやり方でデザインする顧客獲得型 

ある会社で、いわゆる消耗品を発売していました。

業界自体が産業構造上収縮気味の業界で、そこでは、価格競争。特に大手会社の価格が安く中小企業にとっては、いきのこれるかという不安と闘いながら、なにもできないでいました。

そこで、私のほうから狙う業界を変えることを提案。

まだ、活用されていないけど、活用されることで業界の課題も払しょくできないかとお伝えしました。

「まだ、活用されてもいないのに、無駄じゃないの」といわれましたが、ただ、類似品が活用されていたので、少し意味づけをすることと、
その商品には、もともとの業界では表現できないブランドをあらたな業界では、表現できると信じていたので、改めて再提案。

従来の業界での生き残りが厳しい折、その戦略でやってみようとなりました。

私のほうで、企画構成からサイト作りまですべて任せていただきました。

そして、サイト完成後は見込み客へのアピールなどをしていった結果、少しずつ活用していただけるようになり、そのうち、大口の仕事も少しずつできて、1年で月100万円稼ぐサイトに育ってくれました。

その後も私が充実していた間はコンスタントに売り上げを伸ばしてくれていました。

 

このように、今ある商品、なぜか売れなかったとしても、その商品の存在意義(あり方)を創り、それを、やり方(戦略)でデザインする(魅せる)ことをするとこのようにその特定の業界でもうけいれてもらえるのです。

デザインエッグスは、戦略とWEBの両方をコンサルティングしサポートすることを得意としています。

ただいま、顧客獲得型WEBマーケティングのご関心ある方には動画セミナーを展開しています。
詳しくは顧客獲得型WEBセミナーをご覧ください

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です